『家売るオンナ』スペシャル動画無料配信は放送終了後から!SPキャストとあらすじチェック!

2017-04-27_21h26_25

大人気だったドラマ『家売るオンナ』がスペシャルドラマで帰ってくる!

「私に売れない家はない」のキャッチフレーズでどんな家でも売りまくっていたサンチーこと三軒家万智。

ドラマの最終回ではテーコー不動産を退職し、矢代課長と一緒に東京を離れ、自分の不動産屋「サンチー不動産」を立ち上げたんですよね~!

ドラマ版では矢代課長と万智の関係には触れてこなかったですけど、このスペシャルドラマ版では二人に子供が~っ??

ってことみたいですね。

久々に戻ってくるサンコー不動産のメンバーをおさらいして、「家売るオンナ」スペシャルドラマもしっかり楽しみたいですね!

ドラマ版の動画を無料で観る方法や、スペシャル版のキャスト、あらすじを紹介してきます!

『家売るオンナ』スペシャル版が楽しみな人続出!

https://twitter.com/r_c_y03/status/857124809901301760

『家売るオンナ』スペシャル版のあらすじ

2017-04-27_23h40_20

三軒家万智(北川景子)屋代課長(仲村トオル)がテーコー不動産新宿営業所を去って2年。再び売り上げ不振の窮地に立たされた新宿営業所を救うため、庭野(工藤阿須加)は「サンチー不動産」社長となった万智の元を訪ね、助けを求める。しかし、そこで目にしたのは、まるで家族水入らずといった風情で海岸に佇む万智と屋代、そして万智の腕に抱かれた赤ん坊の姿だった…。ショックを受ける庭野をよそに、翌日営業課に期間限定バイトとして現れた万智は、早速クセのある客に鮮やかに家を売ってみせる。次の日、営業課で着ぐるみに入るバイトをしている怪しい有閑老人・一ノ瀬定男(近日発表)は、現地販売イベントでの万智の営業手腕を見るや着ぐるみを脱ぎ、自分が買うと言い出す。バイトを装って信頼できる不動産屋を見極めていたという定男は、絶縁した娘家族のために同居する家を買ってやり和解したいと語るが、万智は何故か売らないと突っぱねる。怒った定男は、ダメ社員・美加(イモトアヤコ)を使ってある作戦に出るが…。さらに、営業課を訪れた生意気な有名子役と頼りない父親(近日発表)に振り回される庭野、極貧シングルマザー(近日発表)のため奔走するチーフの足立(千葉雄大)も巻き込んで、万智が思いついたエキセントリックな解決法とは!?そして、謎に包まれた万智と屋代の関係、赤ん坊出生の秘密とは!?

引用先:http://www.ntv.co.jp/ieuru/special/index.html

『家売るオンナ』スペシャル版のキャストは?

北川景子(役:三軒屋万智)

北川景子

 

 

 

 

 

 

 

北川景子さんは主演の三軒屋万智役で出演。

劇中では30歳ということで実際の年齢+1歳のちょっとお姉さんに挑戦。

役どころは不動産会社の売買仲介営業課のチーフ。

『私に売れない家はない!』のキャッチフレーズ通り、万智の手に掛かればどんな家でも売れてしまうのです。

『家を売る為なら手段は選ばないが、嘘がなく興味深いキャラクター』と語られています。

 

この美貌でスーパー営業マンですから憧れちゃいますね。

北川景子さんのオフィシャルサイトによるとクランクインは5/4なのでもうかなり撮影が進んでいるはずです。

 

仲村トオル(役:屋代大)

仲村トオル

 

 

 

 

 

 

売買仲介営業課の課長、屋代大役。

万智の直属の上司だが彼女のやり方には『あなたのやり方は間違っている!』と納得がいっていない。

万智に手を焼きっぱなしのちょっと情けないキャラ。

移動は自転車。

意外にも民放の連ドラは2014年の『素敵な選TAXI』以来2年ぶり。

 

工藤阿須加(役:庭野聖司)

工藤阿須加

 

 

 

 

 

 

いつも万智に振り回される後輩、庭野役。

『ルーズヴェルト・ゲーム』で闘志に燃えるかっこいい男を演じていましたが、『家売るオンナ』ではダメダメ男。

なかなか家を売れなかったんですが、万智から営業を学び大きく成長しました!

北川景子さんとは2012年のドラマ『悪夢ちゃん』で共演。

千葉雄大(役:足立聡)

千葉雄大

 

 

 

 

 

 

万智の2年後輩の足立役。

アイドルのような甘いマスクを売りにマダム達に家を売りまくる営業マン。

万智が退職したことをきっかけにチーフに昇進!

千葉雄大さんは現在『兄に愛されすぎて困ってます』に芹川高嶺役で出演中。

イモトアヤコ(役:白洲美加)

イモトアヤコ

 

 

 

 

 

 

万智にバシバシしごかれる後輩。

イッテQのイメージで売れ始めたイモトアヤコさん。

『家売るオンナ』は初の連ドラ出演でした。

カワブサなカン違い女を好演していました!

彼女の年収、実は1000万円なんだとか!!!

梶原善(役:布施誠)

梶原善

 

 

 

 

 

 

年と職歴だけ先輩の布施役。

営業戦略費の大半を着ぐるみに使ってしまって・・・( ;∀;)

北川景子さん主演の『探偵の探偵』にも出演していました。

鈴木裕樹(役:八戸大輔)

鈴木裕樹

 

 

 

 

 

 

同じ売買仲介営業課のちょっと嫌な奴、八戸役。

実は努力家で、中国人客に販売するために中国語もマスター。

2007年、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主役・漢堂ジャン / ゲキレッド(声)を演じた。

スポンサードリンク

本多力(役:宅間剛太)

本多力

 

 

 

 

 

 

テーコー不動産の一員。

イモトアヤコの演じる白洲美加と結婚し、子供もいます。

本多力さんは劇団として活動するヨーロッパ企画のメンバー。

名わき役として、月9にも2回の出演経験あり。

 

臼田あさ美(役:珠城こころ)

臼田あさ美

 

 

 

 

 

 

バーのママである珠城こころ役。

テーコー不動産のメンバーのオアシス的な存在でもありました。

最終話ではスナックこころが入っているビルが転売されそうになったのを万智が助けたんですよね。

 

臼田あさ美は元CanCam専属モデルでPopteenで読モをしていた時期もあり。

主な出演作は『海猿』『メイちゃんの執事』『ホタルノヒカリ2』『梅ちゃん先生』『素敵な選TAXI』『コウノドリ』

草川拓弥(役:鍵村洋一)

2017-04-28_00h08_40
出典:http://fc.stardust.co.jp/pc/gallery/index.php?article=1785

草川拓弥くんが演じるのは、ドラマ版では登場しなかった新人営業マン役。

天然生意気キャラでテーコー不動産をかき回す・・・?

草川君は現在「兄に愛されすぎて困ってます」で女は全員お姫様として扱うというホスト系のスィートボーイを演じます。

EBIDANからのユニット・超特急のメンバーとしても活動中のイケメン君です!

 

 

 

スポンサードリンク

 

2017-04-27_21h26_25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です